SCHEDULE

Node/砂漠の老人-ver.β-

Node/The old man of the desert

[ワークインプログレス]

Fujimoto Takayuki

「Node/砂漠の老人」-ver.β-

-大野一雄フェスティバル2012-
2012. 9. 16. Sun. 18:00 start
17. Mon. 16:00 start
※終演後にポストトークあり
16日:藤本隆行×小崎哲哉
17日:藤本隆行×クリエイションメンバー
[会場] BankART Studio NYK
{料金} 前売 2,000円 / 当日 2,500円

 

毎年横浜で行われる「大野一雄フェスティバル」の一環として、藤本隆行が演出する「Node/砂漠の老人」を、昨年に引き続きクリエーションし、今週末の9月16日[日] +17日[月祝] にワークインプログレス=ver.βとして発表する。

舞台に積み上がる廃紙の山、振動する地面、プログラムで描かれる異形の植物たちなど、デジタルテクノロジーを用いた表現と、舞踏/コンテンポラリーダンスを用い、3.11以後の日本が置かれる状況を表現する意欲作。
「災厄や危険をデータ化するのは難しい。数字になった途端、それらは1/0の連なりにしか見えなくなる。ただしそれは、その時その場に直接は関係していない者の言葉でしかなく、そこに居合わせた者にとっては、そのゼロのひとつひとつに顔が見えるのだろう。そのような経験を、逆にデジタルの力をパフォーマンスに加えて、より強い強度で表現してみたいというのが、今回の試みです。そのために、気鋭のデジタルクリエーター達が、このプロジェクトに参入してくれました」(藤本隆行)
藤本による演出、ダンサー白井剛による振付けに加え、テクニカル・スタッフとして上條慎太郎(TMUG)、神田竜、大西義人、高橋卓久真、松本昭彦ら、フリーで活躍する若手クリエイターが集結しているのも注目。
16日の終演後には、藤本隆行と小崎哲哉(REALTOKYO)、17日には藤本隆行とクリエイションメンバーによるポストトークも。2013年の世界初演に向けた進化の過程を、ぜひご覧ください。
[ディレクション・照明] 藤本隆行
[テクニカル] 映像・音響・技術:上條慎太郎(TMUG)、映像・プログラミング:神田竜、映像・プログラミング:大西義人、システム・プログラミング:高橋卓久真、音響・プログラミング:松本昭彦、テックチームマネジメント:A4A
[振付] 白井剛
[音楽] 辺見康孝
[出演] 吉本大輔・本村一真グレン・平井優子・白井剛
[機材協力] FOSTEX COMPANY
[制作] ハイウッド
[主催] 大野一雄フェスティバル、BankART1929

 

http://www.bankart1929.com

Comments are closed.